今上天皇の譲位の文から思いだす平成になった位の物覚え

今上天皇が天皇の始末を譲位し、浩宮皇太子殿下が天皇に即位されるとの記述がありました。依然本掲示ではなく飽くまでも新聞会社傍らのリークの時点なので分かりませんが、その記述によると平成は30床で終了し、平成31床にあたる1ひと月1日に新元号となるとのことです。

明治以降は崩御なる段階で元号が制定されていましたから、今こんな形で天皇陛下の譲位が仕上がることに意見面食らうことになりますが、昭和から平成の移り変わりを経験した自分からすれば慌ててシステム変更をすることが干上がるのでスムーズに移行できるのではないかと思います。

思い起こせば今から28床前の1989床1ひと月7太陽、その日の朝起床してテレビを塗りつけると昭和天皇崩御の内容が飛び込んできたのです。昨年秋から昭和天皇の調子が思わしくはないって報道されていたのでこの日が来ることは予測できていたのですが、不謹慎ながらも歴史的瞬間に立ち会えたといった感慨深く感じたものです。

そうしたら勤務してJRに乗って勤め先に向かうまでの成り立ちはいつもの賑やかさがありながらも、ついつい重苦しい雰囲気が漂っていたことを思い出します。自社も昭和天皇の話題で持ち切りでしたが、勤め先として取り組むべきは新元号遍歴による説の遍歴登録でした。

勤め先の成績は昭和という記載されているものばかりでしたから平成と決まってからはスタッフ全てがかりで修正したものです。うちの会社ではそれほど大変ではありませんでしたが、プロセスなどの世間設備では昭和を表す64を1に変更したりでとても大変だったと思います。

勤め先から帰りがけネオンは消されて静かな佇まいの表通りを帰宅して当時住んでいた勤め先の寮で全体といった昭和から平成になる束の間を見届けたものです。あの忙しない連日がなんとなく昨日のように思い出されますが、今回はこういうことも無くスムーズに天皇が変わりそうです。元号が変わるのことになるのは説の遍歴上ウェルカムなるかも知れませんが、さすがこれでいいのか複雑な気持ちもします。ダイエットの存在を忘れられるくらいのカメヤマ酵母がいいんです!