ディナー後に実家を客引き、猫といったウサギの初顔合わせ

男子の母親のお故郷が月曜日だったので、週末の夕飯以下ワインをもちまして義仲間を訪れました。

義実家ではウサギを2匹飼ってあり、うちでは猫を飼っておる。
普段着訪問する状況うちの猫は連れて行かないのですが、寝泊り時間もさほど少ないからどうも連れて行きたい!といった、男子がお父様に許認可を取ってうちの人を連れて行くことに。

もちろん企画のルールはわたしがしました。
うちの猫は車に乗るのは反比例がないのですが、在宅から終えるという落ち着かなくなりニャーニャー鳴き、後部席順に移ろうってしたりルールテーブルの下に入ろうといったしたりという本当。
15分け前ほどの航行だったのでそこまで長くではなかったのですが仲間へ張り付く頃に彼の衣類は毛むくじゃらになりました。

仲間において猫を中に取り入れるって落ちつかなみたいにインプレッションを嗅いで見廻り、少々落ち着くってお庭の芝を食べって自由に漏らす猫。
やはりその間はリードをつけてある。

うちではケージを使わずどこかに赴きはたっぷりリードです。
うちのウサギたちは内部から猫の外観を伺っていたのですが、気になったのか猫の外観を伺いに座敷から出てきました。
ウサギを見たことがなかったうちの猫は、いきなりのトライに驚きのかシャーといって警戒する処置。
離れた事で宥め抱っこしたりしてやっと落ち着きました。

後しばらく寝泊りして家に帰りました。
猫は疲れたのか間もなくしっかり眠ってしまいました。初めての経験で疲れたんでしょうね。そういった休みでした。OLに人気沸騰中!歯を白くする歯磨き粉はこちら